アトピー性皮膚炎のかゆみや温診。
ストレスが溜まってつらいですね。
ここでは、青汁のアトピー性皮膚炎の効果についてお話します。

36f90e821c676145b73baae57d5f4d06_s

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎は、医学でもはっきりと原因を特定することができない皮膚の病気。
研究では原因は複数あって、皮膚のバリア機能の低下や、自律神経の不調、腸内環境の悪化という結果が出ています。
体の免疫機能が悪くなると、アレルギー物質が体に入ったときに過剰な反応が起こるんですよ。
現代は、食事が欧米化していますね。
脂質が多い食事は、アレルギー症状が出やすくなります。
ビタミンやミネラルが豊富な青汁を飲んで、アトピー性皮膚炎を改善しましょう。

皮膚のバリア機能をアップ

アトピーに悩んでいる方は、かゆみや温診だけでなく肌ががさがさしたり乾燥したりしませんか?
これは皮膚のバリア機能が低下しているからです。
青汁の成分は、皮膚のバリア機能をアップしてくれる効果があります。
このような肌のためには、ビタミンをバランス良く摂ることが大切。
青汁なら、多くのビタミンを1度に摂ることができますね。

ビタミンA

肌のターンオーバーを正常にする働きがあり、潤いを保ってくれます。
ビタミンAが不足すると乾燥しやすくなりますね。

ビタミンB

代謝を良くしてくれて、肌を保護する働きがあります。
水に溶けやすいので、調理してもスープや汁と一緒に摂りましょう。

ビタミンC

コラーゲンの生成を助けて皮膚の抵抗力を強くしてくれます。
肌にハリや弾力も与えてくれますよ。

自律神経を整える

イライラしたり、疲れているときはかゆみを強く感じませんか?
青汁には、野菜からとれる栄養成分、ビタミン、アミノ酸、カルシウム、酵素がたっぷり。
青汁に含まれるビタミンBは、ストレスや疲労を緩和してくれる働きがあります。
ビタミンCは活性酸素を除去してくれるので、血行が良くなってきますね。
血行が良くなると、ストレスに強いホルモンが増えて心を安定させてくれます。
交感神経と副交感神経を、ちょうどよいバランスに調整。
栄養バランスが優れた青汁は、自律神経を整えてくれます。
自律神経が安定すると、アレルギー対する免疫力が高まってきます。

腸の環境を改善

青汁にはたっぷりの食物繊維が含まれていて、便秘が改善。
便秘が改善すると、善玉菌の割合が増えて免疫力が高まるでしょう。
免疫力が高まると、皮膚が丈夫になりアレルギーに対して強くなります。
青汁で腸内環境を良くしていきましょう。

5bc73969b5aa3ee520f2e907514395af_s

青汁は子供でも安心して飲める

アトピーに青汁が人気の理由は、子供が安心して飲めるからです。
アトピー性皮膚炎のお子さんは、体に化学物質が入ると皮膚が炎症を起こすことがあります。
お子さんには、できるだけ薬を使うのは避けたいと思いませんか?
青汁は無農薬で化学肥料を使わない葉を使った商品があります。
皮膚科のステロイド治療の副作用を心配する方にも、人気です。

最後に

青汁は、皮膚のバリア機能を高めてアトピーの症状の改善効果があります。
腸内の環境を良くして善玉菌を増やし、免疫力がアップ。
ビタミンの働きで、自律神経も整えてくれる働きがあります。
副作用がないので、お子さんでも安心して飲むことができますね。