手や足のむくみ、気になって外出するのがゆうつになったことはないでしょうか?
むくみを改善して、心も体もすっきりと過ごしたいですね。
今日は、むくみと青汁の関係についてお話します。

d89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e_s

むくみやすい人は?

デスクワークや立ち仕事の人

長時間座った姿勢で仕事をしている方、立ち仕事の方は下半身の血液の流れが悪くなります。
血液は、心臓からから全身に送られますね
ポンプのような働きをする心臓が、動脈を通して栄養分を細胞に届けているのはご存知でしたか?
同時に、細胞内で必要がない水分は、静脈やリンパ管に戻って循環。
血液の流れが悪い人は、スムーズに水分が流れないでむくみに悩むことになるでしょう。

妊婦さんや更年期の女性

妊娠中や、産後、更年期の時期は女性ホルモンが乱れます。
女性ホルモンのバランスが悪くなると、自律神経が不安定に。
そして、血管の働きや心臓のポンプ作用の低下が起こり、細胞内に水分が溜まりやすくなりますよ。
体も冷えてくるので、リンパ管の働きが鈍くなってしまいますね。
体を温めて、自律神経が安定すると女性ホルモンのバランスが良くなってきます。

お酒の飲みすぎ

お酒には、利尿作用があるのは知っていましたか?
アルコールを飲みすぎる人は、体の水分が失われていきますね。
喉が渇いて、水分を取り込もうと体が働くために、余分な水分が溜まりむくみになります。

塩分の摂りすぎ

塩は体の中でナトリウムになり、水分を多く溜めこむのが特徴。
余分な塩分と水分で体の血液が増えていき、血圧も上がります。

119879775cb00ffaf5d7df4c05b38962_s

ダイエットとむくみの関係

ダイエットが、むくみと深い関係にあるのはご存知ですか?
運動中心のダイエットをしている方は、足の筋肉量は増えていきますね。
しかし、食事を減らしている人は要注意。
たんぱく質が不足して、筋肉量が低下。
その結果、下半身の血流が悪くなりむくみやすくなりますよ。
バランスが悪い食事で、ビタミンやミネラルが不足すると、ビタミンB1欠乏症になりむくみが強くなります。

青汁がむくみに効果がある理由

青汁には、カリウムが含まれています。
カリウムは、むくみの原因である塩分を体の外に排出してくれる力があるんです。
そして、青汁の成分ビタミンAは、自律神経を安定させてくれる働きが。
ビタミンBは、疲労を解消して心を穏やかにしてくれるでしょう。
自律神経が正常になると、細胞内の水分がスムーズに流れて血液の循環が良くなりますね。
余分な老廃物や水分が、体に溜まらなくなりますよ。

明日葉

カリウムの成分が多く入っているのが、明日葉の青汁。
強い抗酸化作用があり、細胞の酸化を防いでくれる働きもありますよ。

青汁を飲んだ女性の感想

  • 妊娠8か月 31歳 宮城県川崎町在住
    妊娠後期に入り、脚のむくみが気になり眠れなくなっていました。
    青汁を飲んでから、脚がすっきりしてぐっすり眠れます。
    便秘も良くなってきたので、ずっと続けたいですね。
  • 販売職 54歳 高知市在住
    勤務時間が長いときは、8時間以上立ちっぱなし。
    夕方には足がパンパンになり、痛くて悩んでいましたね。
  • 雑誌で見た青汁を続けてむくみも改善、体重も3キロマイナスになりましたよ

最後に

むくみの症状がひどいときは、医師に相談しましょう。
青汁は、むくみに効果がありますが、食物繊維が多いのでお通じがよくなります。
がぶ飲みは避けて、パッケージを見て1日の必要な摂取量を守りましょうね。