美肌を作る秘訣は、スキンケアを正しく行うこと。
しかしそれ以上に、体の内側からのケアも大事ですよ。
今日は、青汁がなぜ美肌効果があるかお伝えします。

6f4d3e385c23ac2478f7007afec1e708_s

肌のトラブルの原因

20代のときは潤いたっぷりで、つやつやだった肌。
しかし、30代、40代なるといろいろな肌のトラブルが出てきます。
よく聞く悩みが、しみ、しわ、くすみです。

コラーゲンの減少

コラーゲンはたんぱく質のひとつだということはご存知でしたか?
皮膚のほかに、筋肉や骨、内臓に存在します。
肌のコラーゲンは真皮にあり、ゴムのようになっていて弾力を保つことに一役かってくれるのです。

コラーゲンを維持しようとしているのがエラスチン。そして、ヒアルロン酸が隙間を埋めています。
このバランスによって真皮の水分量に影響を与えるのです。

30代後半になると、コラーゲンは古くなり量も減っていきます。
これが、しわとたるみの原因になります。

紫外線

紫外線を多く肌に浴びると、角質層がダメージを受けて肌の水分が奪われます。
肌が乾燥して、カサカサになり潤いがなくなるでしょう。

肌を守るためにメラニン色素を作りはじめ、過剰に作られたメラニンが残りしみに。
そして紫外線のダメージで肌が乾燥すると、毛穴が詰まりやすくなりますね。
毛穴が詰まると、新陳代謝が悪くなりターンオーバーも乱れます。

新しい細胞が生まれにくくなり、肌のくすみがいつまでも消えないで残ることに。
紫外線によってできた活性酸素によって、肌荒れは悪化しますよ。

美肌には緑黄色野菜

肌のことを考えるなら、緑黄色野菜を食べましょう。

ビタミンA

抗酸化作用が強いので、お肌の新陳代謝を良くしてくれます。
ほかにも、コラーゲンやエラスチンの生成を助ける働きもありますよ。

ビタミンB

疲労物質を抑えてくれて、肌を再生する力をサポートしてくれます。

ビタミンC

肌の老化の原因の、紫外線対策ができます。
メラニン色素を作りだチロシンの生成を抑えて、色素沈着を防ぐ働きがありますよ。
体に溜めこむことができないのでこまめに摂りましょう。
熱に弱いので、調理法は蒸し料理がおすすめですね。

60d6e1d7f89773cd02d42b594c84005e_s

青汁の美肌効果

青汁には、抗酸化作用が強いビタミン群が豊富に含まれており、お肌の水分量を増やし、紫外線から肌を守ってくれます。

青汁のもうひとつの良さは、食物繊維が豊富なこと。
食物繊維は、便秘の改善に効果があります。
便秘になると、お腹の張りや腹痛を引き起こすだけでなく老廃物が体に溜まることに。

老廃物が多くなると十分な栄養が肌に届かなくなり、しみ、しわ、くすみなどの老化が促進。
風邪や感染症にもなりやすいです。
青汁で、ビタミンと食物繊維をたっぷり体に入れましょうね。

青汁購入者の感想

  • 42歳 保育士  東京都武蔵野市在住
    子供たちが大好きな私にとって、保育士は自分にぴったりの仕事。
    しかし、外遊びが多くなると日焼けすることが増えて、肌が乾燥。
    日焼け止めやファンデーションを気にすると同時に、青汁も飲み始めました。
    2か月で、肌がすべすべになってきたと感じますね。
    風邪が流行る季節、仕事が休めないのですが不調もなく助かってます。
  • 36歳 主婦 山口県
    冷え症で便秘体質なので、母に買ってもらった青汁を飲みましたよ。
    最初は美味しいと感じなかったので、フルーツジュースと混ぜて飲んでいました。
    飲んでから1週間もたたにうちに、便通がよくなってお腹がすっきり。
    野菜の量が少なかったなあと実感。

最後に

青汁にはビタミン群が豊富。
紫外線対策やコラーゲンの生成を促進してくれるので、美肌効果がありますよ。
食物繊維が入っているので、便秘が改善して老廃物が外に排出されます。